税理士決算.net | 低料金でも、しっかりとした決算書が作成できる理由
15560
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-15560,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

1.決算期ごとに定員を設けることで人件費の増加を抑えることができる。

税理士事務所は、繁忙期と閑散期では業務量が2倍以上違います。繁忙期に合わせて、人員を確保しますので、閑散期には、ある程度余剰人員があります。その余った工数を使って、本プランの業務を行います。つまり、じっくり時間が取れる時期に限って、ご依頼をお受けいたしますので、サービスの質が保障されます。

2.通常の顧問契約のお客様で培ったノウハウをそのまま投入できる。

低料金を売り文句にする他事務所は、いわゆる「工場形式」で量産するオペレーションが出来上がっているため、数はこなせますが、イレギュラーな処理に対応できないなどの問題が考えられます。我々は、通常業務では質の高い業務を心がけており、そのノウハウを投入することで、品質も維持されます。

3.決算後の相談業部分をそぎ落としているため、その後の原価が一切かからない。